ピンクゼリーの口コミをアンケート!

産み分けゼリーの仕組み|意味ないのか効果や根拠を調べてみた

もぐうさ

産み分けゼリーの医学的に効果はあるの?

みん

産み分けゼリーの根拠や仕組みを解説するね!

産み分けゼリーは膣内のpH値をコントロールすることで、希望の性別の赤ちゃんが産まれやすくなる潤滑ゼリーです。

中には効果がないという声もありますが、病院の産み分け指導でも処方される場合も多いですよ!

また、産み分けゼリーを使った50人にアンケートをしたところ、希望が叶った人が31

自宅で産み分けをするなら、純国産で高品質なベイビーサポートでチャレンジしてみましょう♪

\ 純国産の高品質ゼリー /

目次

産み分けゼリーの仕組みはpH値のコントロール

産み分けゼリーはどのような仕組みなのか見ていきましょう!

女の子と男の子が産まれる精子は酸性度がポイント

女の子が産まれるX精子と、男の子が産まれるY精子には、pH値(酸性度)が重要です。

  • X精子(女の子):酸性に強い
  • Y精子(男の子):アルカリ性に強い

それぞれ、酸性度によって生存しやすさが違っています。

産み分けゼリーは膣内の酸性度をコントロール

産み分けゼリーには、女の子希望と男の子希望の2種類があり、それぞれpH値が違っています。

例えば、ベイビーサポートのpH値は次のとおりです。

  • ベイビーサポートガール:4.5~5.0(弱酸性)
  • ベイビーサポートボーイ:7.5~8.0(弱アルカリ性)

産み分けゼリーを使って膣内の酸性度をコントロールすることで、希望の性別の赤ちゃんが産まれやすくなるのです!

\ 純国産の高品質ゼリー /

産み分けゼリーに医学的根拠はあるの?

産み分けゼリーを使ってみようか迷っている人にとって気になるのが、根拠があるのかということですよね。

専門家の声と、ネット上の成功率を見てみましょう!

産み分けゼリーは産婦人科医でも処方される

先に解説したpH値の仕組みから、産み分けゼリーは産婦人科医の産み分け指導で処方される場合も多いです。

病院で排卵日のチェックなどをして、自宅で産み分けゼリーを使うという流れです。

一方で、根拠がないという専門家もいるのは事実。

また、産み分けゼリーを使っても必ず希望の性別を授かれるわけではないことは、覚えておかないといけません。

産み分けゼリーは8割の人が希望を叶えている

実際に産み分けゼリーを使ってどれぐらいの人が希望が叶っているのか、ネット上でアンケートをしてみました。

アンケート期間:2021年9月8日~9月22日
アンケート対象:産み分けゼリーを使ったことがある人
アンケート数:50人

産み分けゼリーを使った人の中には、まだ妊活中だったり、性別が確定していない人や、妊娠する前に使用をやめた人もいるため、結果が出ている人は40人でした。

産み分けゼリーの結果は次のようになりました。

産み分けゼリーを使った結果
希望が叶った
31人(77.5%)
希望が叶わなかった
9人(22.5%)

なんと、産み分けゼリーを使って妊娠した人のうち、性別の希望が叶った人は77.5%以上でした!

根拠の有無にはいろいろな意見がありますが、使って希望が叶った人が多いのは期待ができますね!

産み分けゼリーの仕組みと根拠についてまとめ

産み分けゼリーの仕組みと根拠についてまとめました。

  • 膣内の酸性度をコントロールできる
  • 産婦人科医で処方されることがある
  • アンケート調査の結果77.5%の人が希望を叶えていた

性別の希望を叶えるためにできることはやってみたい人は、自宅でチャレンジできるベイビーサポートをチェックしてみてくださいね♪

\ 純国産の高品質ゼリー /

目次
閉じる