ピンクゼリーの口コミをアンケート!

ポジティブサポートのpHで産み分け?性別は男の子・女の子どっち?

もぐうさ

ポジティブサポートのpHはいくつ?

みん

性別は男の子が多いのは本当か調査したよ!

ポジティブサポートは膣内を妊娠しやすい環境に整えるゼリーで、弱アルカリ性です。

産み分けに影響するほどのpH値ではなく、アンケートの結果、男の子も女の子も産まれやすさはほぼ同じでした!

目次

ポジティブサポートのpH値は?

ポジティブサポートは赤ちゃんを授かりやすくする商品ですが、pH値がいくらなのでしょうか?

調べた結果をまとめます。

ポジティブサポートのpH値は弱アルカリ性

ポジティブサポートのpH値については、具体的な数値は公式サイトには記載がありません。

弱アルカリ性であることは書かれているので見てみましょう!

ポジティブサポートは精漿や子宮頚管粘液と同じ弱アルカリ性で、精子に適したpHになるよう調製されています。(中略)
ポジティブサポートでは健康な男性の精液を基準にしています。健康な精液のpHは、参照する文献により多少の違いがありますが、おおむねpH7~8です。世界保健機関(WHO)のラボマニュアル第5版では、健康男性の精液のpHの下限を7.2と定義しています

sagami-shop

サガミショップの記載をまとめると次のとおりです。

  • ポジティブサポートのpHは精子に適した弱アルカリ性
  • 健康な精液のpHは7~8

ポジティブサポートのpH値ははっきりとした数値は書かれていませんが、pH7~8程度だと考えられます。

ポジティブサポートを使うと男の子になるという噂はどこから?

ポジティブサポートを使うと男の子が産まれやすいという噂は、どこからきているのでしょうか?

男の子が産まれやすいY精子と、女の子が産まれやすいX精子には次のような違いがあります。

  • Y精子(男の子):アルカリ性に強い
  • X精子(女の子):酸性に強い

この酸性度による精子の性質の違いから、ポジティブサポートのpH値を調べている人が多いのです。

果たして、ポジティブサポートで産み分けはできるのか、女の子希望なら使わない方が良いのか気になりますよね。

みん

ポジティブサポートを使った人に性別のアンケートを取った結果をまとめます!

ポジティブサポートは男の子が産まれやすい?

ポジティブサポートを使うと膣内のpH値が弱アルカリ性になることが分かりました。

これによって、どれぐらい男の子が産まれる確率が上がるのか、ネット上のアンケートで調査しました!

アンケート期間:2021年11月7日~11月10日
アンケート対象:ポジティブサポートを使ったことがある人
アンケート数:15人

それでは結果を見ていきましょう!

ポジティブサポートを使った結果
赤ちゃんの性別はどちら?
男の子
5人(33.0%)
女の子
6人(40.0%)
妊娠できなかった、使うのをやめた
4人(26.7%)

ポジティブサポートを使った結果は、上図のとおりです。

男の子が産まれた人は5人、女の子が産まれた人は6人という回答でした。

ポジティブサポートを使っても、男の子が産まれやすくなることはないという結果になりました!

pH値自体は弱アルカリ性ではあるものの、性別の確率が変わるほどではないということですね。

男女の希望がある人は、ポジティブサポートではなくベイビーサポートがおすすめです。

ベイビーサポートについては、ベイビーサポートの口コミをアンケート調査|リアルな評判と体験談でまとめています。

性別に偏りがなくて安心という人は、ポジティブサポートで妊活にチャレンジしてみてくださいね♪

ポジティブサポートのpH値と赤ちゃんの性別についてまとめ

ポジティブサポートのpH値についてまとめました。

  • pHは弱アルカリ性
  • 産まれた赤ちゃんの性別はほぼ半々
  • 男の子が産まれやすくなるほどのpH値ではない

性別に関係なく赤ちゃんを望んでいる人は、ポジティブサポートを使ってみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる