ピンクゼリーの口コミをアンケート!

グリーンゼリーは妊娠率が下がる?不妊に悩むなら使わない?

もぐうさ

グリーンゼリーは妊娠率が下がるの?

みん

産み分けをすると妊娠率が下がるから不妊に悩む人もいるよ…

グリーンゼリーは膣内を男の子が産まれやすい環境にすることができます。

その反面、女の子が産まれにくくなる分、妊娠率が下がってしまうことも…。

実際にグリーンゼリーを使った人にアンケートをした結果、半分の人が1~2本で妊娠していて極端に不妊になるということはありませんでした。

赤ちゃんを早く授かりたいか、性別の希望を叶えたいかでグリーンゼリーに挑戦するか決めましょう!

\ 購入者満足度90% /

グリーンゼリーを使った人の声は、グリーンゼリーの口コミ調査|アンケートで分かったリアルで詳しく紹介しています。

目次

グリーンゼリーの妊娠率は?何回目で妊娠したかアンケート!

グリーンゼリーを使うと妊娠率が下がると言われています。

実際にどれぐらい妊娠しづらくなるのか、ネット上のアンケートを使って調査してみました!

アンケート期間:2021年9月8日~9月22日
アンケート対象:産み分けゼリーを使ったことがある人
アンケート数:50人

産み分けゼリーを使った50人にアンケートを実施したところ、60%の人がジュンビーのゼリーを使っていました。

そのうち男の子希望でグリーンゼリーを使った人は6人いました。

実際に使った人が、どれぐらいの本数と期間で妊娠できたのか見ていきましょう!

グリーンゼリー何本目で妊娠しましたか?
1~3本
3人(50.0%)
4~6本
1人(16.7%)
妊娠できなかった・使うのをやめた
2人(33.3%)

グリーンゼリーを使った人のうち、半数は1~3本目で妊娠できていました!

なんと、その中でもグリーンゼリー1本目で妊娠できた人も2人いましたよ!

アンケートに寄せられた声を見てみましょう!

実際あまり信用していませんでしたが、すぐに希望の男の子を妊娠できた事にびっくりしました。

期待しすぎて消失感があるといけないので、気楽な気持ちで気休め使いました。1本目で男の子を妊娠できて感謝しています。

妊娠率には個人差があるので一概には言えませんが、グリーンゼリーを使っても極端に妊娠率が下がることはなさそうですね。

とはいえ、妊娠できなかった人も2人いました。

雰囲気的にゼリーを注入することができなかった事もあったので、途中で使うのをやめてしまいました。

妊娠できなかった人のうち1人は、 1箱を使い切らないうちに使用をやめてしまったという声でした。

夫婦で産み分けゼリーを使うことへの気持ちが一致していないと、使いづらいということもありますね。

もう1人は、1箱で妊娠できなかったという結果でした。

産婦人科医との共同開発で作られたものなので、使用する時に安心感があったのがよかった点です。副作用なども特になく使用することができました。悪かった点は価格が高くて、継続して使用することが出来なかったことです。

1周期に3本使ったとして1箱3~4ヶ月なので、もう少し妊活期間が長くなる場合もあると思っておいた方が良いかもしれません。

グリーンゼリーを使った人には1本目で妊娠した人、10本で妊娠できなかった人がいるので、妊娠率には個人差も大きいことが分かります。

性別の希望よりも少しでも赤ちゃんを早く授かりたいなら、グリーンゼリーはあまりおすすめできません。

でも、男の子を育てる夢を叶えたられた!という喜びの声もあります。

実際これを使ってみて希望していた男の子の赤ちゃんが生まれて大変満足しています。お値段もリーズナブルで簡単に使用できるのが良いと思いました。周りのみんな使った方が希望していた性別なので本当に効果があると思いました。

希望を叶えるためにやれることはやってみたいなら、グリーンゼリーで産み分けに挑戦してみてくださいね!

\ 購入者満足度90% /

グリーンゼリーで妊娠率が下がる理由は女の子が産まれにくくなるから

グリーンゼリーを使って妊娠率が下がると言われているのは、女の子が産まれにくくなるからです。

2つの理由をチェックしてみましょう!

①:X精子(女の子)が受精しにくくなる

精子には、男の子が産まれるY精子と女の子が産まれるX精子があり、それぞれの特徴は次のとおりです。

  • Y精子(男の子):アルカリ性に強い
  • X精子(女の子):酸性に強い

この酸性度の違いを利用して作られているのが産み分けゼリーで、グリーンゼリーをは弱アルカリ性のゼリーです。

Y精子が生存しやすくなる半面、X精子は活動しにくくなるので、女の子が産まれる可能性は下がります。

女の子が産まれにくくなる分、妊娠率自体も下がってしまうのです。

②:タイミングを取る回数が減る

Y精子とX精子には、酸性度以外に寿命にも違いがあります。

  • Y精子(男の子):24時間
  • X精子(女の子):2~3日

女の子が産まれるX精子は寿命が2~3日と長いですが、Y精子よりスピードはゆっくり。

そのため、Y精子とX精子がどちらも生存する環境では、男の子のY精子が受精しやすいです。

Y精子の寿命は24時間なので、排卵の24時間以内に性交すると男の子の可能性が上がります。

排卵日2日より前は避妊しておくことで希望は叶いやすくなるものの、タイミングを取る回数が減る分、妊娠率も下がってしまいます。

これはグリーンゼリーを使ったからというよりは、産み分けをすると妊娠率が下がるに当てはまりますね。

妊娠を急ぐか、男の子の希望を叶えたいか…

グリーンゼリーを使うか悩んだときには、妊娠を急ぐか、男の子の希望を叶えたいかを夫婦で相談するのがおすすめです。

女の子であっても早く妊娠したいなら、グリーンゼリーは使わない方がいいでしょう。

でも、最後の妊娠の予定であったり、できることはチャレンジしたいなら、産み分けを検討してみてくださいね。

グリーンゼリーの妊娠率についてまとめ

グリーンゼリーの妊娠率についてまとめました。

  • グリーンゼリーを使うと妊娠率が下がる
  • 中には一度で妊娠した人もいて個人差も大きい
  • 不妊に悩む人にはおすすめできない

男の子を育てる夢を叶えたい!という人は、グリーンゼリーに挑戦してみてくださいね!

\ 購入者満足度90% /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる