ローヤルゼリーの摂取の仕方

ローヤルゼリーは、健康や美容をサポートしてくれる健康食品として人気で、また、こころと体のバランスを整えて丈夫な体にしてくれる役割を担っている。
ローヤルゼリーはミツバチが女王蜂を育てるために分泌する物質で、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素が含まれている。
その種類は、大きくわけて3種類あり、それぞれに適した飲み方がある。
こちらのローヤルゼリーとはちみつの違いについての記事も参考にご覧ください。

生のタイプは、原材料そのままを48時間以内に採取したもので、熱を加えたりしていないため、本来の栄養素をまんべんなく摂ることができる。
生のタイプは独特の匂いがあるため、人によっては躊躇する人もいる。
生のタイプを摂取する場合は、飲みやすくいただくために、ハチミツやヨーグルト、ジュースと混ぜて飲んだり、ローヤルゼリーを冷凍してシャーベット感覚で食べる方法がある。

乾燥のタイプは、生のタイプのものを凍結乾燥し、水分の90%を除去したもの、また調整のタイプは乾燥でんぷんなどの賦形剤を添加し、飲みやすい錠剤やカプセルにしたものである。
そのため、生のタイプよりも飲みやすいとされているため、このようなサプリメントを利用すると手軽に摂取することができ、最も利用されている飲み方であると言われている。
サプリメントを摂取する場合は、毎日継続してコンスタントに飲む、時間を決めて飲み忘れを防ぐ、紅茶や珈琲と一緒に飲まない、ホットドリンクと一緒に飲まないなどいくつかの注意が必要である。

健康や美容に良いとされているが、大量に摂取しさえすれば効果が期待できるというわけではない。
医薬品ではないローヤルゼリーに決まった摂取量はないものの、1日約500mg~3000mgを目安に摂取すると良いとされている。
初めてローヤルゼリーを試す人は、サプリメントであれば摂取量の目安が商品に表示されているので、その記載に添って飲むと良いだろう。
自分に合ったローヤルゼリーのタイプを見つけ、それらを上手に活用し、健康や美容に役立てたい。
こちらの青汁VSローヤルゼリーについての記事も興味深いです。