妊娠中の方にも最適なローヤルゼリー

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がある。
女性が妊娠すると、プロゲステロンの分泌が増加し、お腹の赤ちゃんが成長しやすいように子宮内の状態を整えて胎盤を完成させる。
一方で、プロゲステロンが増えることで、ホルモンバランスが崩れ、イライラや憂鬱といった感情的な起伏が激しくなり、精神的に不安定になりやすい。
ホルモンバランスが乱れることで自律神経に影響が出るので、自分自身でコントロールすることが難しい。

また、プロゲステロンはメラニンを生成するメラノサイトを刺激するため、紫外線への感受性があがり、シミが作られやすくなるといった、肌への影響も出てくる。
美容や健康に効果があると言われているローヤルゼリーは、妊婦の方に打ってつけの成分である。
ローヤルゼリーには、ビタミンやミネラルのほかにアミノ酸や糖質など60種類以上の栄養素が含有されており、栄養素の宝庫と言われている。
ビタミンやミネラルの不足は卵巣機能を低下させるので、この豊富な栄養素を補給するだけでも女性ホルモンを安定させるには大いに役立つ。

しかし、注目すべきはローヤルゼリーの女子ホルモンを活性化する作用はこれだけではなく、ローヤルゼリーにしか含まれていないといわれているデセン酸やアセチルコリンを含有しているということである。
デセン酸は、不飽和脂肪酸の一種で、体内に取り込まれるとエストロゲン要物質として、エストロゲンと同じ生理作用を発揮する成分になる。
そのため、ホルモンバランスの調整作用、美肌・アンチエイジング効果、抗酸化作用、生活習慣病予防などの効果が期待される。

アセチルコリンは、自律神経のバランスを整える作用があり、更年期障害や自律神経失調症など、自律神経が乱れた精神疾患の改善にはとても有効な成分である。
脳内の情報伝達作用を早める作用もあり、脳と体を若返らせる効果がある。
このため、ローヤルゼリーを摂取することで、妊婦の方の悩みであるホルモンバランスの崩壊や自律神経の失調を防ぎ、肌へのダメージから守ってくれる。
まずは、ローヤルゼリーのお試しから始めてみませんか。