色や匂いからローヤルゼリーを見る

ローヤルゼリーは、現代人に不足しがちなアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく補うことが出来る。
また、その効果は多く、心と体のバランス保ち、大病にならないように丈夫な体にしてくれる。
その効果は計り知れず、いまだに研究されているほどである。

ローヤルゼリーは、花粉を食べた働き蜂の体内で作られる。
働き蜂が花粉をたべ、下咽頭腺や大あご腺から分泌されるたんぱくを入れ、酵素でショ糖を分解、そして脂肪酸を含有させる。
この栄養満点の特別な王乳を、女王蜂だけが生涯食べ続けるのである。

ローヤルゼリーの実物を見たことがある人は、そういないかもしれない。
生のローヤルゼリーはとても高価である。
ハチミツと同じように採れるから似ていると思っている人もいるかもしれないが、実は全く似ていない。
こちらのローヤルゼリーと蜂蜜の違いについての記事も参考にご覧ください。

ローヤルゼリーは乳白色をしていて、どろりとした粘り気のあるもの。
ローヤルゼリーは、蜂の体内で分泌され作られるため、匂いは非常に独特で、ハチミツのような甘い匂いを想像していると、その刺激臭に驚くかもしれない。
味なども酸味がとても強く、これは品質が良ければ良いほど、酸味が強い。

このように、非常に独特な味と匂いをしているので、そのままたべることが 困難である。
味を誤魔化して食べることも考えられるが、糖質を一緒に摂ることにより、ビタミンの一部を消費してしまい、吸収できるはずの栄養素が減ってしまう。
ローヤルゼリーには、生・乾燥・調整の3つのタイプが存在する。
生で食べることが一番効果があるが、色や匂いは独特なものがあるため、食べることを躊躇する人が多い。

生でローヤルゼリーを食べることが出来ない人には、乾燥・調整タイプを摂取することを薦めたい。
乾燥・調整タイプのローヤルゼリーであれば、カプセルや粉末状になって販売されているため、比較的飲みやすいと思われる。
自分に合った飲み方で、無理なく継続的に摂取してみてはいかがだろうか。
気になるローヤルゼリーのカロリーについての記事も参考にご覧ください。